CAPA(キャパ)は福岡[天神]、春日市に2店舗を展開する美容室[ヘアサロン]です

blog

IMG_1377

新メニュー😀

新しいメニューを取り入れました^_^

「REZO」(レゾ) 1000(+tax)

「薬剤を除去する」役割があります!!

今までのトリートメントが
たすケアなら
REZOはひくケアになります^_^

少し長いですがよかったら😆

IMG_1377

髪を染めるヘアカラーや髪に形をつけるパーマ、髪をまっすぐにするストレートパーマ
これらはお店で行うメニューにしてもお家でするホームカラ―と言われる物にしても
全て「薬品」を使用して行います!

特に最近はドラッグストアやスーパーでも手軽に購入できるのでお家でされる方も増えているようです
少し難しいお話しになりますが、薬品には必ず1剤と2剤で分かれている物やその二つが先に混ざっているものがほとんどです!!
この1剤と2剤の化学反応によって髪が染まったりパーマがかかったりします!!
むしろこの化学反応がないとこれらは行えないのです(^^;;
ヘアカラーであれば1剤の中にアルカリ剤と言われる薬品と化学染料のジアミンと呼ばれる薬剤で構成されています
2剤は過酸化水素水と呼ばれる薬品です
これらが髪について髪の表面で化学反応を起こし髪の内部に入り込み髪を染めていきます

ここまでは良いのですが、
この薬品達が厄介で髪や頭皮に残ると髪のダメージや頭皮のダメージ
さらにはアレルギーを引き起こす可能性があるということです!!
100回染めても101回目にかぶれたということもあり得るのです
悪い影響が「白髪が増える・細毛薄毛・パサつき・枝毛・パーマカラーの持続低下・頭皮の痒み・かぶれ・・・・」
などの原因になりえます(^^;;
なのでこのこ残留薬剤が髪や頭皮に残るのはいい事ではありません
この残留薬剤はシャンプー剤では取ることのできないのが更に厄介です!!
もちろんお家でヘアカラーをされると自分でこの残留薬剤を取りきる事はできないのです
😢

このメニューを行うことで絶対にそういった影響がなくなるわけではありませんが
この残留薬剤を70%取ることができます更に薬剤の臭いや痒みもかなり大幅に無くすことができます!
そうすることで少しでもこういった原因を無くしてアレルギーやダメージを予防し続けていくことが大事です!!
CAPAでご来店されているお客様にこれからもヘアカラーやパーマでおこりうるリスクを減らし髪と頭皮をしっかり守り
ずっともっと綺麗でれるお手伝いをしていきます!!

カテゴリー: 竹野 政志 | 2017年5月30日9:14 AM | 投稿者: capa

コメントを残す

CAPTCHA